Blog
ブログ

五十肩を即効で治す!!

皆さんこんにちは!

トレーナーの鈴木です🤓

いきなりですが、皆さん肩こりはありますか?

7.8割の方はある‼︎と答えられるかと思います。

では、肩を上げるのが辛くなったり服の袖に手を通す動作が痛いと感じたことはありますか?

このような事があれば、それは肩こりではなく五十肩の可能性が高いです😱

肩こりの原因は不良姿勢、血行不良などがあげられますが、五十肩は肩関節が炎症している状態です。 

放っておくと、関節が固まってしまいロッキング現象といって、肩を上げる動作が通常の半分くらいになってしまいます。 

筋肉も関節も動かさないと骨のように硬くなってしまい、腕を上げる動作ができず日常生活に支障きたしてしまいます。

普段運動不足の方や身体が硬い人は要注意です⚠️

五十肩にならない為に!

なってしまった時の対処法!

などをお話ししていきたいと思います。

.

①五十肩ってなに?

実は、五十肩は正式な医学名称ではありません。

正しくは「肩関節周囲炎」といいます。

これを、50代で症状出れば五十肩、40代で出れば四十肩と呼ばれています。(以降五十肩)

4,50歳代で症状が出る人が多いため、こんな呼び方をしているんですね😌

五十肩を簡単にいうと、“肩の関節が痛むことで関節の動きが悪くなってしまった状態”です。

それにより、電車の吊り革を掴めなくなったり、シャツを着る時や棚の上の物を取る際に、肩が痛む症状が出てきます。

動かしたときの痛みを運動時痛といいますが、傷んでる関節を動かしたらもっと痛くなるのは当然ですよね😅

それとは別に、五十肩には1つ厄介な症状があります。

それは「夜間痛」です😔

夜間痛とは、動いていないのに夜中にズキズキした痛みがあり、酷いときは痛みで眠れないという症状です。

これは五十肩の症状の後半の方で出てくるのですが、軽いうちに対処しておけば軽い症状のまま徐々に良くなっていきます。

では、酷くならない為にどんな事をすれば良いのか!をご紹介していきます。

.

②肩のインターマッスルを鍛える

肩に激しい痛みがある急性期は安静にしておくのがベストですが、ある程度動かして痛みが少なければ関節を動かしていく事が必要になってきます。

五十肩の治療法として、「筋肉を動かして関節を動かす」ことが第一です。

トレーニングをすることによって、冷えて固まってしまった筋肉に刺激を与え、動かしやすくしています。

.

③肩周りの筋肉をほぐす

固まった筋肉はマッサージや整体でほぐしていけば、柔らかくなるのは当たり前ですよね。

家でストレッチをしても良いですが、どうしても自分の手で届く範囲は限られています。

身体の知識をしっかり持った人に整体される事によって、日常生活の注意点や自宅でやった方が良いことなどのアドバイスが貰えます。

.

ORDEM FITには五十肩改善コース!というものはありませんが、整体メニューでお客様の痛みのある箇所の改善をしていきます。

骨盤矯正のメニューだから、、、

と、骨盤周りの悩みしか対応してくれないと思ってしまいますが、そんな事はありません‼︎

カウンセリング時に、気になる所や痛みのある場所をお聞きします。肩・首・手首・頭・背中などなど、どんな場所の症状でも対応しております😊

お客様に合わせた整体メニューをご提供致しますので、お気軽にお越し下さい✨

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験も随時受付中。お気軽にご参加ください。