Blog
ブログ

呼吸と姿勢の関係性

皆さんこんにちは‼︎

トレーナーの鈴木です☺️

.

春風はまだ冷たいですが、日中は暖かい日が多くなり過ごしやすい時期になってきましたね。

それと同時に花粉により、鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・くしゃみに悩まされる方も増えているのではないでしょうか。

私も花粉症ですがそれほど酷くはなく、目のかゆみが少しある程度です🥲(最強のアイテム目薬で解決)

一般的に花粉のピークは、2~4月と言われています。特に4,5月はアレルギー性鼻炎の悪化原因ともなる黄砂が多く飛び、花粉症と黄砂により鼻と目の症状が強く出やすくなります。。

花粉症をお持ちの方はまだまだ気を抜かず、目薬・マスク・薬・ティッシュなどで対策&予防をしていきましょう!!

.

さて、ここまで花粉症について話してきましたが、タイトルにある「呼吸と姿勢の関係性」とは何の関係があるの?と思われる方も多いかとおもいます。

花粉症による鼻水・鼻づまり。。。

新型コロナウイルス感染症対策として日々のマスク着用。。。

これにより皆さんの呼吸は‘確実‘に浅くなっています⚠️

鼻づまりがあったりマスクを着用していると、一度に吸い込む酸素の量が少なくなり苦しいため、それをカバーしようと呼吸の回数が増えて、呼吸が浅くなってしまいます。

.

呼吸が浅くなるとどうなるの…

→呼吸が浅くなると、細胞や脳に酸素が行き渡ることが出来なくなります。これにより身体は気づかないうちに‘酸欠状態‘になり、身体に様々な不調を引き起こすようになります↓

肩や首がこる・疲れやすくなる・猫背など姿勢が悪くなる・免疫力が落ちる・胃下垂・便秘・背骨の歪み・集中力の低下・貧血・頭がすっきりしない・太りやすい・瘦せにくい

などなど、当てはまる数が多い方ほど呼吸が浅くなっています。。

.

原因①姿勢が悪い

→スマホやデスクワークのし過ぎで、肩が前に出たり首を前に出すような姿勢を続けると内臓が圧迫され、深い呼吸をする時に重要な横隔膜が動きにくくなり呼吸が浅くなります。

原因②ストレス

→日常生活でのストレスが重なると、自律神経である交感神経が優位になります。交感神経は活発な運動時や興奮・緊張状態の際に優位になりやすいため、呼吸が浅くなります。

原因③口呼吸

→マスクをしていると口呼吸になりやすいですが、鼻呼吸に比べて口呼吸は空気の出入りする穴が大きいため、ゆっくり深い呼吸がしづらくなります。口呼吸から鼻呼吸にするだけでも深い呼吸に近づくことが出来ます👍

身体の不調を感じたら一度深呼吸をしてみたり、お風呂にゆっくり浸かったりすると気分が落ち着いてきます。それぞれに合ったやり方で副交感神経を優位にしていきましょう!

.

・セルフストレッチ

今回は‘小胸筋‘のストレッチをご紹介します。

小胸筋は肩甲骨から前側の肋骨に付いており、硬くなると巻き肩になり、呼吸に大切な肋骨の動きが出にくくなることで呼吸が浅くなってしまいます。

やり方

①腕を横から肩の高さまで上げ、肘を90°曲げた状態で、壁に手を付けます

②壁に手を付けたまま胸を前に出すように伸ばしていきます

③ストレッチされている感じがしたところで15秒深呼吸をしながら保持していきます

④③を1セットとし、これを左右交互に2セット行います

簡単に出来るので、お仕事の合間などに試してみてください👍

.

現在ORDEMFITでは、骨盤矯正・全身整体45分(4500円+税)のメニューを初回お試し体験として1500円+税で実施しています。身体の歪みを整えて姿勢を改善&リラックス効果で呼吸と姿勢を正していくことが出来ます!!

気になる方はお電話・お問い合わせメールにてご連絡お待ちしております✨

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験も随時受付中。お気軽にご参加ください。